Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
2
4
9
12
14
16
19
20
22
25
28
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼馴染

今日も朝から暑い。雨は期待できそうもない。森の
草が気なる。少しでも前にすすまないと、そう思い、
炎天下、草取りの開始。最近、勢力をましてきたのが、
「金の成る木」によく似た、「金の成らない草」。抜いても
放置しておくと、夜露で生き返る、正に草の鏡である。
こいつがのさばると、その土地の所有者は
底なしの貧乏地獄に落ちる気がする。まさにこいつとの死闘である。

死闘の最中、どこからか俺を呼ぶ声がした。
声の方を、(いや、おれは方耳の聴力がほとんどないので、
ほんとうは声の方向を特定できない)向くと、
そこには、幼馴染の美人のHさんが立っていた。「これあげるから、
返してきたら」。ビールが半ダースほど。お隣さんから恵比寿を
いただいたって、ブログで見たわよ。おれの貧乏がみすかされて
いる。

それにしても、この炎天下の草取りは身体に毒よ、とうれしい言葉。
絹子さん元気?遠いところから嫁にきているんだから、いたわって
あげて、と。一日も早く黒い家が返還されるのを祈るわ、
お金がなかったら、いつでも相談にに来てね、等など。

彼女とその笑顔がたち去った後、この森にさわやかな風がとおりぬけた。
その風に背中を押されるように、おれは草取りをやめて、
今のことを早く絹子に報告せんと家に向った。ふり返ると、
森は再び灼熱の地獄に変わっていた。
お昼のビールが美味いぜ!

スポンサーサイト

生活パターンの変化?

今日は日曜日。日曜日くらいは庭仕事から解放。
そう思い、久しぶりにエアコンの効いたアトリエで
じっくり仕事。そして、早い夕食。

しかし、なんか変だ。ビールが美味くない。妻も
なんか体調がいまいちと。
そうだ、今日は身体を動かしていない。それが原因だ。

まだ、日没までにだいぶあるので、庭仕事をしよう、と
外にでる。二時間ほど必死。大量の汗をかく。
ビールが美味い、と思いしや。ビールはさっきできれた。
買いに行くのも、おっくう。

ちょうどいい具合に、お隣の御主人が、外で夕涼み。
「すみません、ビールを1本、分けてもらえませんか?」
いただいたのは、最近おめにかかっていない「恵比寿」。
やはり、身体の疲れがないとビールはまずい。頭の
疲れと身体の疲れは違いますね。

お百姓さんは、盆と正月だけ休む。わかる気がします。

遊びすぎ、、

いさら川沿いに「死に地」(道路に面していない土地)が20坪
程度ある。そこを整備して憩いの場所にしようと。今日は
朝からそれに没頭。妻に言わせれば、単なる遊び、時間つぶし、
だそうだ。炎天下、喉がかわくし、けっこう肉体労働はつらい。
水分補給に、赤紫蘇のソーダ割りは最高。お昼の麦酒も最高。

しかし、それ以上に、汗をかく。
おかげで、このところ、2k痩せた。Tシャツを着ても、ほとんど腹は
出ていない。

すでに8月4日モード。感動してもらえる演出ができればと。まずは、
掃除。IMG_0931.jpg

雨が欲しいね

毎日外は32度、家の中は38度。外の方が涼しい。
草との戦争も一進一退。この一ヶ月が勝負と、
歯を食いしばり、葉をむしる。

この時期、春咲いたカモミールの種があちこちに飛び、
もう一花。来年はカモミールと向日葵を中心に組み立て
よう。クローバーは思いの外、強い、強すぎる。

トウモロコシを収穫した。カラスもかなり収穫したらしい。
七輪で焼いてみた。醤油の匂いが最高。タオルでハチマキ
をして、うちわを持った絹子は、、、似合いすぎやわ。

明日は雨が降るかも。お願いします。IMG_0259.jpg

やっぱし湘南が、、

今日は、孫をつれて江ノ島へ。孫連れはおれの好みではないが。
大船まで車。そこから湘南モノレールで江ノ島へ。モノレールの駅から
徒歩10分のところに江ノ島水族館がある。IMG_0280_20080723194112.jpg

水族館ではイルカのショー。孫より絹子のほうが興奮。やかましい。IMG_0272.jpg

昼飯はカプリチョーザ。IMG_0279.jpg

江ノ電で湘南海岸を眺めながら鎌倉へ。この江ノ電、単線で街中を走ったり、カメラ片手に
撮りたい場面続出。IMG_0283.jpg
IMG_0285.jpg
石川のみなさん。今度はこのコースをみなさんに。
    提供はDARA観光でした。

久しぶりの石川、盛りたくさん。

昨日、今日と、石川への強行軍。いつも妻と草しかみていない
おれにとって異空間へ。

まず、朝早く出発。午前中は、橋立の戸井さんの邸宅へ。
BShiでこの7月22日7時~23日12時~。BS2で25日8時30分~
戸井亭が放映されます。そのお家を拝見。御主人の造作が凄い。
ブランコも。
息子は漁師で、石川の新鮮魚を宅配してくれる。この8月4日の
我家での夏祭りにも協力してくれています。徒歩1分で
プライベイトビーチへ。うらやましい。
IMG_0926.jpg
P1000887.jpg

午後は個展会場へ。既にisara織体験希望者が6人。2台の機械に縦糸を急いで張る。西東ちゃん
の手際よいお手伝いもあって、体験とは思えないユニークな作品が。私の金沢の友人のAさんの
友人のNさんまでが、飛び入りで参加してくれて。IMG_0928.jpg

あっという間にに夕方。宴会参加者がぞくぞくと。なつかしい顔ぶれである。一息入れないと
もたないので、こっそり5分仮眠。

宴会は18名で3時間、騒ぎっぱなし。旬庵の料理がまた結構で。酔いにまかせて作品が手当たり
しだい売れて(かなりオーバー)。
IMG_0929.jpg
勢いで、音楽仲間とさらに二次会へ。

今日は、行きつけの手芸屋さんやら、古布のめいかん堂さんやら。妻の親や子、孫と昼食。
夕方、孫をつれて帰ってきた。じいちゃん、ばあちゃんをしばしあい勤めます。。

実り多い1泊2日で。疲れもしたが、今さらながら、人との出会い、つきあい。大事にしたいですね。
面白いですね。お世話になりました。これからもよろしく。

当分は、、

これで秋まで個展もなく、しばらくはあくせくしなくて
すみそう。
今夜は、そう思い、気楽に麦酒。いつもなら、小休止の
あと深夜まで仕事。今夜くらいは居間のTVに専念。

しかし、しばらくすると、作品が気になる。アトリエに入り、
TVをつけて、トルソーを眺める。もう仕事モードだ。

教室は、7月は夏休み気分。いつもの3分の2程度。
しかし、絹子の飾る花は同じ。カサブランカが咲いた。
山百合も。白いコスモスが涼しい。IMG_0250.jpg

準備完了

20日からの個展(小松市旬庵)の準備がやっと完了。
今回は私的には過去最高の傑作揃い。と、思うのだが、
そういうときにかぎって、ぎゃふん、の結果が多い。

まあ、今回は一つの過渡期ともいえるので、多彩といえば
多彩。古布もあれば現代もある。最近、やっと直線が
まっすぐに近づいてきたので、この先は、直線が曲がっているのは
おそらくあまりお目にかかれないかもしれない。今回が最後か。

それでは、小松の皆様、お楽しみに。
写真は上から、現代の最高級の綿、柿渋染め。 中は蚊帳脱色化学染、下は
ミント染め。IMG_0920.jpg
IMG_0912.jpg

IMG_0918.jpg

一大事

絹子に付き合って川崎へ。帰りに駅のトイレへ。いくら待てども、
絹子は出てこない。その間、電車は何本も。だんだん不安になる。
おれは、トイレの入り口に近い壁のポスターの前に立ち、やり場の
のない視線。絹子が出てくれば、必ず目に付く場所。目に付くおれの
服。大漁旗の服。

やがて30分が経過。まず、絹子の携帯に電話しようと、携帯を見ると
5分前に絹子からの着信。あわてて電話をしたが応答がない。
これは間違いなく、トイレで倒れたのでは。天下の大人形作家が
トイレで倒れては、、、。大変。

やむになまれず、トイレ清掃のおばさんに事情を話す。おばさんは
トイレに駆け込み、絹子の名前を呼んだらしい。しばらくして、おばさん
が戻ってきた。声をかけたが返事がない。トイレは混んでいて、全部
鍵がかかっている。駅員を呼んで鍵を開けたほうがいいと。
おばさんは走って駅員を呼びに行った。

その時、おれの携帯がなった。絹子からだ。「どこにいるの?私、今、
横浜、あわてて電車に乗ったのよ、今、どこにいるの?」

唖然、!!!!。聞けば、おれの姿が見えないので、てっきり、乗る
予定の電車に乗ったものと思い、飛び乗った、とのこと。

おれはこの日、凄く派手な服を着ていった。遠くからでも目立つ。その
おれを見逃して、通り過ぎるはずがない。そのためにトイレのすぐ近く
に立っていた。現に横浜でも、友人から声をかけられた。目立ったと。

では、なぜ、絹子はおれを見過ごしたのか?それは、おれが立っていた
前のポスターが派手でおれの派手な服がそれと同化していたからだ。
とんだ一大事でした。



夕食後の散歩

明日の朝のパンがないので、夕食後、散歩がてら買い物に。
森を通るとき、8月4日のライブはここはどうだろう?とか。さらに
畑の中をつきぬけ、商店街へ。信号待ちしていると、スタイルのいい
美人のギャルが、、。
これは見てはならないと、目をつむって顔を背けた。通り過ぎた
後、隣の妻の顔を伺う。その眼はギャルを追いかけていた。
「ずるい、おれは見たくても、がまんしたのに、、」と言うと、
「あんた、なんか言うた、そんなもん、みんでいい、私が見ておいた。
あの細い足、ほんとは見たんだろう、こら!」

今年は、ビールの消費量が多い。今日は、お昼に少し、
夜はかなり、深夜に少し。こう暑いと、それをいいわけに
ついつい。その罪滅ぼし草取り。おかげで、体重は増えない。
草も増えない。

草取りは日中がいい。こっちもついらいが草もつらいはず。
妻の日焼け止めを塗る。高価なものなので、ほんの少々。
効果も少々。

夏野菜とハーブの天婦羅。すべて自給自足。カボチャ、ナス、
インゲン、しし唐、茗荷、イタリアンパセリ、バジル、ナスタチューム。
揚げたての天婦羅は最高。しかし、妻はブーブー。揚げている
私は落ち着かない、と。

8月4日にこういう収穫があればいいんだが。不安。20人分か?
IMG_0244.jpg

西瓜の思い出

(文字が読みにくそうなので、背景を変更しました。)

今年はじめて西瓜を買った。もちろん8分の1カット。
その大半は絹子の口に。おれはただ高価すぎて
食べるのがこわかっただけなのに。勘違いされた。

小さいころ、井戸で冷やした西瓜を昼休みに食べるのが
楽しみだった。家族の昼寝の終わるのが待ちきれない
くらいに。
畑の西瓜も美味しかった。日陰の土で冷えたのは最高。
その西瓜畑の西瓜のつるを処分するころが夏の終わりだった。

西瓜で一つ忘れられない思い出がある。それは鳥海山(東北)
をふもとから登るロードレースに出たときのことだ。友人と2人で、
新幹線で輪行(自転車をたたんで持ち運ぶ)し、そのままレース
に出た。レースは登りばかり、全国から集まったツワモノ(?)
にまじって、ワタナベレーシング(おれと友人で作ったチームで、
今も健在)の誇りを背負って臨んだ。ユニホームには「Watanabe
Racinng Team」の文字が。
私の成績はもちろん完走。1時間30分。

真夏なので汗ぐっしょり、持参の水筒も飲み干した。やっとのおもいで
ゴール。ゴールには地元のボランティアが西瓜を切って待って
いてくれた。何よりのもてなし、路上にころがってその西瓜にむしゃぼり
ついた。その美味いこと、美味いこと。

しばし、休息し、友人と2人、今度は、登りの貯金をいっきに使い果たす
ように、来た道を猛スピードで下っていった。風がここちよかった。山が
美しかった。
遠い夏の日の思いでです。

ペットとの付き合い

きなこと千吉がこの家に来て早1年になろうと
している。元来、おれはペットと子供そして女は苦手だ。
どう対応していいかがわからない。

かって、犬を二度買ったが、気の毒なことをした。
一匹はパグ。8年くらいで癌。二匹目はキャバリア。
これもそれくらいで癲癇。どちらも極度のストレス
みたいで。たまに散歩に連れて行くくらいで、後は
ほとんどかまってやらなかった。10年くらい前、父の
病気を理由に、キャバリアを連れて、実家の二階に
3ヶ月ほど居候したことがあるが、このときはかわいがった。

朝はかならず起こしにきてくれた。もう少し待て、というと、
自分の部屋にもどっていった。おれが朝出かけて夕方
帰るまで、用も足さずに待っていた。いい犬だった。
今は、isaraの森の一角で眠っている。

きなこと千吉に関しては、自分でも不思議なくらいに
余裕がある。ほとんどすべてのいたづらを許す。
今までの自分では考えられない。人間は変わることが
できるのだ。そうなると、ペットのほうも懐いてくる。
好循環である。
遅まきながら、家族が何かが判りはじめてきた。猫の
お陰か。

写真は、レコードを聴きながら、アトリエで寝る二匹。
IMG_0878.jpg

個展のタイトル

この20日からの旬庵(小松市)の個展のDMができてきた、
とてもすばらしい出来で、それだけ飾っても絵になる。
タイトルもいい。「JAZZが聞こえる衣展」おれがつけた。

個展を何回もやっていると、つけるタイトルは出尽くしてしまう。
ふと、保存してある昔のDMをいくつか捜し出しながめた。
そこにはかっこたる歴史とミニドラマがある。
「絹子again with いさら あんど yokohama」というあやしげな
もの。これははじめての二人点のタイトル。

旬庵での個展の初日にパーティあり。席の関係で20名が限度。すでにその
数に近い予約。出すDMの数も横浜より石川のほうが圧倒的に
多い。はじめて小松空港に降りてはや5年。その間、いろんな人と
交流を持てた。それが一番の収穫。

今回も空港まで、マニュアルの軽トラで迎えにきてくれる友あり。
久しぶりの小松。絹子もそわそわ。
作品的には、かなり力が入っている。いままでと一番違うのは、9号
サイズで身体にフィットしたデザインのものがあること。それと、
電子ミシンの飾り縫いのアレンジはオリジナリティーが高いはず。
小松のみなさん、お楽しみに。

朝の散歩

久しぶりに早寝早起き。こうも身体がスッキリするものか。
脳まで曇りがとれている。

森のクローバーは朝露に濡れていて踏むのもかわいそうな。
ワイルドストロベリーを口に入れると、そのすっぱさに眼が
醒める。草どもが加速している。いまだギアはあまっていると。
こっちはオーバーヒートしているのにね。

先日蒔いた野菜は順調に成長している。昨日、井上さんが
打ち合わせに見えて、8月4日の料理膳にはうちの野菜が乗るらしい。
がんばらねば。井上さん、とてもはりきっていて、どんな料理
になるのか、野外での天婦羅揚げ、魚はすべて石川の戸井鮮魚
さんのものを使うとか。今から楽しみです。ビールはもちろんサーバー
の生ビール。

パターン

私は、長いことパターンを使わないできた。が、昨年、教室を
はじめたのを機に、頭の中のパターンを現実の形にしてみた。
そのパターンは完璧ではないが、誤差に強く、初心者には
頼もしい味方である。11号サイズであるが、13号への補正は
簡単。

しかし、ここへきて、9号だ7号だ、と。このサイズは、誤差に弱いので、
きちんとしたパターンを要する。

なんやかやで、今までのデザイン・縫製の仕方を多少見直す
時期にきているようだ。
数年前、パターンをいじり大失敗した経験がある。袖を細くしたら、
腕が上がらなくなった。これを克服するのにかなりの時間を要したが、
何がポイントか実戦をとおして理解できた。

まだまだ、こんな簡単なことも知らないのかということがたくさんある。
頭を柔らかくして、いいことはどんどん。

最近、イメージもラフからビシッとへ。ますます、縫製周辺が騒がしく
なりそう。今さらながら眼の大切さが。。。そういえば、Mさん、眼の調子
いかがですか?

ルーティーンな毎日

変化のない決まりきった毎日のようだが、劇的な
出来事も頻繁に起きている。事件になれてしまって、
たいていのことには驚かない。

毎年、毎年、よくいろんなことが起きるもんだ。いや、
起しているのかも。それはエネルギーがありあまって
いるからだと思いたいが。

それに反比例して体力が落ちている。草取りの成果
で、幸せ太りしていた体重と体脂肪が2年前にもどった。
体脂肪は16%台(えへん!)

少なくとも、あと10年は夢を追いかけたい。それも体力しだい。
夢ですか?世界のisaraとか人形博物館とか、テーマパークとか。
そのほかいろいろ。考え出すと、きりがなく、不眠症でこまって
います。IMG_0848.jpg

ミレーの晩鐘

いつものように早い夕食後、森へ。鍬やら鎌やら、軍手、帽子やらを持参で。
知人が秋咲きのマリーゴールドの種を大量にくれた。
それを今から蒔こうというのである。そうとう酒も入っている。

茗荷が生えている場所にその種を蒔くことにした。まず、鍬でかたっぱしから茗荷を
抜く。この作業はかなりきつい。茗荷はもったいないが、私たちが植えたものでもない
し、陽があたりすぎて、茗荷にも向いていない。

最後のほうは、酔いが回ってへとへと。それでも、妻はしらんぷり。もう
止めようとはいわない。陽も暮れてくる。2人の姿はどこかミレーの晩鐘
に近い。貧農の夫婦。誠実(?)そうな男。IMG_0843.jpg

紅一点

気がつけば、とじこもり2週間。毎日が同じペース。
違うことといえば、今回は、現代のテキスタイルを
もっぱら縫う。

だれの作品か、チョッと見では判別しがたい。縫製も
この種のものを縫うときは古布の場合と異なる。
古布はあまりきっちりしない縫製が似合う。しかし、
テキスタイルはプロの縫製に近くないと作品の価値が
下がる。今までの気楽な縫製は通用しない。緊張する。
が、その反面、デザインはシンプルでよい。あえて複雑な
組み合わせは要しない。

そこでの個性は、捨てて捨てて捨て去って、最後にのこった
エキスでよい。例えば、真っ黒な服に、真っ黒のボタン。ボタン
糸の赤がかすかに見える。見ようによっては紅一点。

無農薬

野菜は無農薬で栽培している。経済的な理由で。
肥料もほとんどやらない。経済的な理由で。

薔薇は少しだけ消毒をする。薔薇のために。
肥料はほとんどやらない。経済的な理由で。

今日も一日がんばるぞ!経済的な理由で。IMG_0228.jpg



プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。