Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
5
6
7
10
11
15
18
20
23
25
28
29
03


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜クラシック

今回で二回目の「Dara水曜クラシック」
渡辺美帆さんのやさいい歌声に会場は「シーン」
衣装も決まっていました。ピアノもよかったです。
あまりの気持ちよさに、こっくり、も。
美味しいケーキをいただきながらの
贅沢な午後でした。IMG_1142.jpg

IMG_1141.jpg

スポンサーサイト

開幕

早く来た春は、冬の逆襲にあい、なかなか開けない桜。
それでも、今日は久しぶりの春らしい日。
午後からは、畑仕事。カニを食べるがごとく、ふたりして
無言でそれどれの持ち場で耕したり、種を蒔いたり。

草とのペナントレースも開幕。冬の間は運動不足気味。
これからはこれがいい運動になる。やはり身体を動かした
ほうが気持ちがいい。いっきにやったので筋肉痛がおそろしい。
風呂上がりのビールがうまそうだ。
IMG_1140.jpg

寒い夜もハワイアンで熱くなる。

IMG_0769.jpg
一つのかたちができてきたハワイアン。今夜はフラと
ボーカルの飛び入りもあり、理想的なセッシオン。

ハワイアンバンドの名はウラウラ。赤いレイ。気品ある
大人のバンド。その取りまとめ役のUさんは25年前、
当時は三井銀行という名のいずみ野支店の営業課長?の
とき、おれはバリバリの法書士で、何度か仕事で
御一緒した。時を経てまさかこういうめぐりあわせ
があるとは。

今夜はおまけが。絹子の息子が彼女を連れてきた。
その息子とは、5年くらい前からなんどか会っているので、
どんな彼女か、どきどき。父親の心境。いい人でした。おれが嫁にほしい
くらいと、と絹子に言ったら、まだ、「そのくせがなおらない」と、
なぐられた。


この一年で一番変わったのは、、、

おスミさん(母)と三郎さん(父)はこの1年で
よぼよぼになった。毎日二人でそれを競っているようで。
まあ、下の世話がないだけでも、、、

雨にも負けず、風にも雪にもまぜず、パチンコ通いを
していた三郎さんも、ついにそこへ自転車を押して行く
体力がなくなり、65年間のパチンコ人生に幕をとじた。
家のすぐ近くの自販機に缶コーヒーを自転車を押して買いにいく
のもやっと。
それでも、先日ブックオフで買った徳川家康26巻はもうすぐ
読み終わりそう。

しばらここのまま安定してくれるといいが。
食料品の買い物と、昼と夜の食事の世話などがおれと
絹子の今の仕事。さりげなくそれをこなす絹子。超忙しい
人なのに、、、。
おれの二人の妹が、それぞれ週に1度、Cafeのクッキーを
焼きにくるついでに二人の世話をしてくれるのも助かる。
その辺はうまく回っている。


絹子のリクエストの織の服ができた。ペアで着るか。
やりすぎだね。まったくだ。
IMG_1138.jpg

裂き織の最高傑作が、、

予想通りの傑作、もしかして予想外の最高傑作が、、、
先週の土曜日、一年ぶりに骨董市へ。裂き織の布を探しに。
そこで、ゲットしたのが、よれよれの「吹き流し」。
値段は1000円。値切れないおれは言い値で。

最近、裂き織の縦使いに興味がある。そこで、一番大きい
織機を持ち出し、筬も今までより10cm長い一番幅の広いのを使用した。
織りあげたのが、下の写真。60cmx150cmくらいか。
IMG_0764.jpg
この織物を土台にして洋服を仕立てた。予想をはるかに超えた傑作に、
うれしくて、目がしらが熱くなる。袖は現代のテキスタイルを何度か洗い、クレヨン
で薄く直線を引いてみた。
裂き織の色あせ具合と袖の雰囲気が調和した。
妻が、一回り小さいのを、と。珍しいことだ。しばらくは非売にして展示したい。
IMG_0768.jpg

最近のブログは、、

去年の今頃は、、、大きな転換期でした。そこで、アーカイブスの
自分のブログをなつかしく見た。なになに、今日はこの黒い家に
戻った記念日か。

いろいろ人生の大きなかかえものがあるときのほうがブログは
面白い。
最近のブログは自分で読んでもつまらない。それだけ人生が
落ち着いてきた証拠か。いつもいつも難問をかかえていては
身がもたない。難問の一生分はすでに清算したのならいいが。
酒の一生分は残りわずかか。

しかし、最近の人生はけっしてつまらないものではない。やりたいことが
山ほどあり、時間が足りない。特に裂き織や洋服のデザインの仕事は寝るのが
もったいないほど楽しい。人生が楽しいと書いてあるブログなど
読み手からすれば陳腐だ。悩み、爆発しているのが、、、他人の不幸は
テイストオブハニーだから。

我が家のソメイヨシノも開花。

定休日だというのに、、

今日は定休日。Cafeのテラスでいさら川のせせらぎを
聴きながら、のんびり織物を、、、やっていると、、、
上のほうから、どんぶりこどんぶりこ、、、ではなく、、。

お客様が次から次へ、、、。定休日だということ知らない
で、、、。そういうときには、定休日だということを告げた上で、
店内を案内し、催し物のチラシを渡すことにしている。
が、今日のように多いと臨時開業しても、と思いたくなる。

桜の開花ももういすぐ。今週末の土曜日はハワイアンで夜桜祭り。
このあいだまであんなに寒かったのが嘘のよう。おスミさんが
住んでいるベニヤの家はそろそろ日よけをしないとかわいそう。

季節の変わり目ですね。一年が早い。黒い家に戻って1年。
もう少しでお店も1周年。いろんな人と出会い、別れ、
その繰り返しでした。短い一年でしたが、遠い昔の出来事
のようでもあり。

予想外!

今夜はDara Night.なんとなく暇そうな気がして。
が、予想に反し、忙しかった。それだけではない。
ホストのFさんのゲストが面白い二人のミュージシャンで。
どこといって変わったところがあるわけでもなし。でも、
なんか気になる、、、、。DSC02729_convert_20100321004234.jpg

いわゆるシンガーソングライターで。気に入ったので
4月3日のDara Nightに登場。
ユニット名がないので、何かいいネーミングがないか。
「わた雲」なんかいいね。

春が来た!

昨年乾燥させたハーブティが底をついた。しかし、この時期、
もう、ハーブの新芽が伸び始めていて、供給には事欠かない。
レモンバーム、ミント、そしてカモミールも花が咲き始めた。
早春の生のハーブティはすごいエネルギーを蓄えている。
お湯をそそぐと、よい香りがあたり一面にひろがり、感動ものです。
自家栽培のハーブティはすっかりこの店になじみました。

桜の開花がいよいよ秒読み。今年はこれといった桜の行事は
ないですが、来週の27日の土曜の夜、はハワイアンで夜桜見物。
31日の昼間は、ソプラノで春の歌。

作品も、春らしく。
IMG_1137.jpg

DARA水曜クラシック

第1回DARA水曜クラシックが本日行われた。
日本セントラルフィルの管弦四重奏。弦の音が
脳味噌に響いた。
正装した凛々しい姿での演奏はこの空間にぴったり。

先日の蓄音機と何か共通するものがある、と
思ったら、それは電気を使った音を使わない、
スピーカーレスであること。

生演奏でも、スピーカーから音を出すと、CD
を聴いているのと、似てしまう。
この店はできるだけスピーカーレスにしたい、というのが
前々からの私の考えだ。もっとも、いくつかの例外は
あるが。電気にたよる楽器ややさしく歌う歌などは。

次回は三月三一日。渡辺実帆さんのソプラノである。もちろん
マイク無し。本日のヴァイオリンのOさんは着物のモデルも
つとめる美人。渡辺さんも美人。なぜかクラシックには
美人が多い。
三月三一日はたぶん、ここの桜が満開でしょう。満開の桜にぴったりの
歌声とドレスを期待したい。コンサートの後は、「春、高楼の花の宴」になればいい。

IMG_0759.jpg


スエーデン織?

isara織機の一番大きいのは、外枠180cmx80cmある。
それを壁に立てかけて下から織ってみた。たぶん」スエーデン織
に近いのでは。せっかく織ったので、形にしてみた。
いい感じです。裂き織の白い部分はちりめん、紺色はゆかたです。
袖と襟は棉麻。
IMG_1135.jpg
IMG_1136.jpg

春夏の裂き織

裂き織の決定的なウイークポイントの一つに
春夏の服に不向きであること。これは友人の
織物作家が同様のことをぼしていた。織物
そのものが不向きだと。

そこで、私はその難問に挑戦することにした。
袖と襟は現代のテキスタイル(棉麻)。
裂き織はヨコ糸をタテ使いした。

IMG_0758_20100316101841.jpg

友、遠方より来る。

友人が遠方より自転車で来た。彼とは高校時代から。
けんかも何度か。けんかのおおもとは、彼の家庭は幸せ、
おれはその逆。それでも、今日まで。

そういえば、おれは年中ごたごたを起こしっぱなしで、、
友人をかなり失った。今残った友人は大事に
しなければ。

自転車で帰る友人の後ろ姿を見ながら、「おい、
そろそろ仲良くやろうぜ!」と心の中でつぶやいた。

ちょうど20年前に、その友人の家を自転車で
訪ねた。往復約20kmか。その時の友人の驚きよう。
それがきっかけで、彼も自転車に夢中になり、その子供
も自転車にはまり、やがてその子は成長し、昨年
ツールドフランスに出場した。あの別府史之君だ。

彼と結成した自転車のレーシングチームは現在
でも存続し、今年で20年か。両雄(?)ならびたたずで、
おれは途中で身を引いたが。

今は、おれも家族といえるものを持つことができた。
おれにはもったいない妻と、子供のようにかわいい
猫二匹。これでその友人と基盤を同じくすることが
できた。昔話をしながら、酒を飲む。仲間を集めて、還暦祝いを
やろうぜ。

そうそう、おれの誕生日に、還暦祝いのメールをくれた、とのこと。
迷惑メールホルダーに入ってしまって、削除したらしい。残念。

蓄音機コンサート

昨夜は蓄音機コンサート。通常のライブとは異質。
何が異質か?まず、生演奏ではないのに、かつ、レコード
のノイズがかなりあるのに、その臨場感たるや、生演奏
を凌駕する。その不思議な臨場感が客席全体を柔らかく
包み、すべての観客を無意識のうちに、当時に引きずり込む。

私は、この店を、会話と音楽に関しては、会話優位の店
にしたいと思っている。生演奏をやっていても、お客様は
会話に夢中でそれを聴いていない。よほどの演奏でなければ
耳を傾けない。

ところが、昨夜の蓄音機のケースでは、音楽をきちんと聞きながら
会話している。自分の好きな演奏の時は、会話を止める。
江利チエミ「テネシーワルツ」ペギーリー「ジャニーギター」
私は、春日八郎のお富さんが最高(笑)。

観客のすべてというより、音楽が苦手な私たち夫婦を大満足
させる演奏会がめったにない。昨夜がその一つ。とても1回で
終わることはできない。この秋にもう一度やりたい。
昨夜は満席でした。この秋は、大変なことになるだろう。

昨夜は小さなサプライズ。妻が、
私の誕生日祝いに、蓄音機に
1曲リクエストしかつ薔薇の花束を。

写真上は、今回、蓄音機コンサートをやってくれた野口慎一郎氏。

IMG_1132.jpgIMG_1133.jpg

地位、名誉、お金、、愛、

北大路欣也さんのセリフ、、、「地位も名誉も要らない、、、
お金、、お金は少し、、、、、、、愛が欲しい、、、、」

愛、、、エロスよりアガペーかな。

今日で還暦、、。振り返れば、枯れ野原で悪霊に振り回されて
いる動物にも似て、、、。最近はその周りの緑の牧場が見えてきた。

昨日、中学時代の友人が来た。心筋梗塞で奇跡的に助かったと
思ったら、大腸がん、、肝臓に転移、、、されど奇跡的に
回復、とのこと。

健康が一番ですね。その次は、、、、このDaraの特殊環境の中で、
自分の才能(?)を人の役に立てることです。

新作2点

夕食後2本の裂き織を織る。翌朝、現代のテキスタイルと組み合わせ縫製。
着物の裏の薄い赤の棉が効いている。¥60000

IMG_0752_20100312101824.jpg

馬渕實さんの品のある紫の二重織りテキスタイルと派手なシルクとの融合。4000着近い数の
服を縫製したが、いまだにまっすぐな線は縫えない。その能力は欠落していると
しかいいようがない。その分、感性のほうに回っているといいのだが。
¥30000
IMG_0756_20100312101838.jpg

不思議な縁?

10年ほど前のことである。私は、器のギャラリーを経営
していた。ある日。不思議な雰囲気のある女性が器を買った。
家に届けてほしいというので届けた。素敵な家で、その
女性と合わせて、記憶に強烈に残っていた、、、、。

ところが、人形展開催中にその女性が突然現れた。一目で
彼女とわかった。向こうも私とわかった。彼女は私を
見て、???????なぜ、あなたが、、、、ここに???
「それより、展示してあるあのウサギ、私、10年前に
横浜高島屋で買って持っているのよ」

彼女は10年前に、器とウサギを買うことにより、私と妻の双方にかかわり
を持っていたのだ。私が妻と結婚したのが、3年前、、、

妻の故郷である石川県と横浜はかなり離れているが、この不思議な
糸は何色なんだ、、、。

その彼女の家を、二人して訪ねる機会がすぐに来た。10年前に確かに
ここに来た。しかし、その時、今日を想像することは当然できなかった。
お茶を飲みながら、この摩訶不思議な10年間が走馬灯のように脳裏を過ぎった。
Image097_convert_20100309231911.jpg




分身の術、、、

今の妻を見ていると、分身の術がつかえたらな、、と。
人形作家、人形教室講師、人形教室通い(技術導入)、
Cafe運営、掃除、洗濯、炊事。介護。
ピアノ、、、そしてこれからは草取り、、、
え??。昼寝も入れろ!。

手伝いたいが、どうも自分のやりたいようにやらないと、
ストレスが、、、。なので、お助けできず。

人形の注文が殺到し、かつ、来年の個展は目白押し、、、
どうなるやら、、、

まあ、肩でもおもみしますか。

アンテナショップが軌道にのりつつ、、

前回ブログに載せた紫の裂き織のジャケットが
店に並べたと同時に売れた。このところ手織りの
ジャケットがよく売れる。
アンテナショップが軌道に乗り始めた。

絹子の人形も引き合いが多い。作家二人が経営
するCafeが動き始めた。人形展の影響か、
来店者が多い。そのほとんどが、同世代の女性。

今日は、幼馴染の「安西絹子」さんという、妻と
同姓同名の方が来店。ときどき宅配が間違えたり
して、親近感。

しかし、電話がよく鳴る。そのすべてが妻だ。今の
店の現状を反映している。「バーバーズハズバンド」だ。
そんな中、唯一大学の後輩がお茶を飲みに。
ケーキ担当の三ヶ尻さんを見て。彼曰く、「先輩、また奥さんを変えたんですか!」

裂き織の感性

感性以外何物でもでもない「裂き織」
10年前に始めた織物。最初のころは
ものすごい感性があった。その後、
しぼみっぱなし。やる気も失せた。

昨年12月に、ふとしたことから、毛糸の織物
に集中。最近、調子が上がってきたので、
裂き織をやってみた。感性がないとみじめな
裂き織。不安げに織りはじめた。結果は
少し期待が持てそうで、、。DSC02913.jpg

DSC02911.jpg


教室



 本日は、熱心な生徒さん3人のisara織教室。2時間
延長してできた作品です。お酒の好きな生徒さんたちなので、
最後は、茶碗酒で乾杯!
DSC01050_convert_20100302000515.jpg


プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。