Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
3
5
6
8
10
14
16
17
18
20
22
24
27
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きなこ3題

101129_003053.jpg
ブラックティが咲きました。この薔薇は何度も枯らしています。
難しいバラです。


101129_184212.jpg
千吉の腹まくら、きなちゃん、やるね。


101129_210340.jpg
TVを観るきなこ。これで笑ったりすれば、「珍百景」だ。がんばれ、きなこ。

スポンサーサイト

出かけると思いかけないことも、、、

今日は、お店の常連さんが、「メッシュクラフト」という
アートフラワーみたいなのを出品しているので、
新横浜のプリンスホテルまで見に行った。実は、そのメッシュクラフトの
ブローチがほしくて。
そのブローチは、なぜか私の創作服に似合って。

新横浜のプリンスで昼飯に入ったのが「きじま」という日本料理屋。
この店は、市内に6店舗の支店をもつ大型店で、戸塚に本店がある。

その店の発端は、
45年ほど前のアイビーの始まりのころ、戸塚駅の裏通りに、6畳ほどの狭い店を
夫婦で開業したことだ。当時、私は高校生。よくこの店に出入り
し、VANだのJUNだの。それが、いつしか居酒屋の副業をはじめ、それが当たって
今日の繁栄。ゼロからの出世物語だ。

メッシュクラフトは、単なる造花ではなく、ラメ入りがモダンで豪華だ。
今回の福井の作品展に出品するいくつかの洋服の胸に付けてみた。
さて、その効果は?

その帰り、プリンス内のとあるブチックに偶然入ると、絹子のきていた服がきっかけで以外な
縁が。そのブッチックの人が、その服が気になり、質問してきた。
絹子が「これは主人の作品で、、、裂き織+柿渋染め、、、」と答えると、、、
その店員さん、ピンときたらしく、「では、御主人は戸塚のほうで縫製教室もおやりでは、そして、、
Yさんという生徒さんがいませんんでしたか、、、私はその人の友人です」。

「Yさんはよく知っていますよ、あざみ野に別荘がある縫製の上手な生徒さんで、絵も日展に出すほど
の人。」と私。すべてが偶然で。
ほんと、その偶然が、回りまわって人をつなぐ。さっそく、Yさんと連絡を、、。「犬も歩けば棒に当たる」
いい日でした。午前中は、大学の後輩が訪ねてきて、久しぶりに昔に
戻れたのもうれしかった。
101128_142505.jpg

ベジタブルガーデン

ベジタブルガーデン、いい言葉だ。
今、DARAのベジタブルガーデンで一番元気なのが
大根。昨年は蒔き時が遅すぎて、発育不足で失敗。
今年は、その教訓を生かし、早めに種を蒔いた。

京都の聖護院大根、三浦大根、青首大根の3種を蒔いた。
そのほか、小松菜、春菊、水菜も収穫できる。

これからは鍋の季節、夕方になると、畑に走る絹子の
姿。鍋にボジョレ、結構合います。

BSでアメリカの庭園が映っていた。その中で、草と
共存する自然の庭があった。同じ考えの人がいるのだ、
と。力づけられました。

101125_162829.jpg

カルマンギアと裂き織

イヴェントも終わり、今週は暇の予感。その予感
が当たった。しかし、素敵な来客があり、楽しい気分になった。

友人の友人のKさんは大の車好き。最近入手したカルマンギア
を見せたいと来店、、、その美には唖然。
そのKさん、私が店内で裂き織をやっていると、興味を
示し、教えられるままに、縦糸張りから始まって
30cm程織りあげた。

さらに、機械を、即、購入し、続きを家でやるとのこと。
車の乗りもいいが、この乗りも買えるね。

IMG_0996.jpg
DSC01557_convert_20101125004122.jpg

VAN 世代

私と中古車との縁は、15年ぐらい前から始まる。
すべて外車で、オペル、アウディ、ベンツ2台、ヴォルボ2台。
現在は、ヴォルボ70XCで大変気に入っている。

その外車さんの社長が同い年で、車が縁で親しくなった。
自営ということが共通で、また、彼の店が私の司法書士
事務所の近くにあったことも親しさを増した。

その彼が昨夜、用事があって来た。アトリエに通すと、
壁にかかっていたVANのスタジャンに目が行った。
オークションで購入したもので、状態が非常にいい。
車そっちのけで、VAN談義。VAN世代の会話は
遠い昔を思い起こさせた、20歳前後のころだ。
。私はスタジャンは高価で買えなかったので、パーカーとかトレーナー
などを愛用した。その後、私はJUNブランドへ移行した。
VANとJUNでバンジュンーななわち
、古い話で俳優バンジュンザブロウの略。若い人は
御存じありませんね。

先実は抜歯、久しぶりに酒を抜き、快調。
IMG_1386.jpg

祭りの後、、、

昨夜は「蓄音機ライブ」、想像以上に楽しかった。プレスリー
が特に。また珍しい手回しのオルガン?。中には紙のロールが
入っていまして、まか不思議な世界に迷い込んような気分に。
知らず知らずのうちに、自分でもそれを回したりして。皆さん、
子供のようにはしゃいでいた。
IMG_1371.jpg
IMG_1368.jpg
蓄音機ライヴの後は、人形展の打ち上げ。先日のPPMの松田
さんにおねがいして、そのギター伴奏での歌う会。演歌あり、ポピュラー
あり、各自自慢ののどを。私も酔った勢いで、小林旭を。
今夜は、料理をバイキング形式にしたので、我々も客席で
楽しめた。さわやかな集いでした。

昨日で、今年の企画展はすべて終了しました。また、ライブも定期演奏の
ハワイアンを除いてすべて終了しました。ありがとうございました。

個人的には、庭仕事も一段落したので、この辺で洋服の仕事に精を
出すつもりです。いま、あらたに手掛け出したジーンズ系のデザインが
思いのほか好評で、来年1月の久我山での個展に弾みがつきました。

今年も残りわずか、いっきにクリスマスモードですね。風邪など
ひかぬよう御注意ください。

あらためて、昨夜は、内田さん、石上さん、松田さん、御協力ありがとう
ございました。また、人形展参加の作家さん達、ありがとうございました。

ペースが乱れて、、、

11月は毎週ライブ+人形展で店は忙しい。夜は、
来春の個展に向けて、夜遅くまで仕事。
そんな中、気分転換にと、昨夜と今夜の二晩続きでお出かけ。
しかし、気分転換どころか、出かけ慣れないという
負の要因のほうが強く働き、ダウン。

ここらでリセットしたいところ。明日の夜は蓄音機ライブ+
人形展の打ち上げ。
酉の市の威勢のいい、「しゃんしゃんしゃん、、、、、商売繁盛、、、えーい!」
にあやかりたい。  ねえ、そこの金髪のおねえさんよ。
IMG_0990_20101119225418.jpg

きなこ、絹子、きのこ、、、

我が家の早口言葉です。その最後のきのこが
採れました。昨年の今頃、石川県の知人が
きのこの原木を送ってくれまして、それから
一年が経ちました。

原木の下に生えていたので、気がつくのが少し
遅れたようですが、本日、絹子がきのこを発見し、
さっそくきのこ汁を作ったしだいで。
ささいな出来事でしたが、大きな幸せを感じました。
IMG_1360.jpg
IMG_1358.jpg
IMG_1361.jpg

現在開催中の人形展の作家その1

今回にの人形展の作家の一人、「リエーブルユキ」
さん。

フェルトを使用した創作人形を、一つの風景のの主役に置く。
下の写真は「シャネルにあこがれて」という
題名が付いている。骨董、100均、手作りなんでも
ありの楽しい作品だ。「どうだ、すごいだろう」という
雰囲気はまったくなく、自分が楽しんでいるだけという
感じで、それが見る人をなごませてくれる。

作家自身も、聴き上手、語り上手の稀有の才能の
持ち主で、話をしていて飽きない人だ。
また、友人の数もケタ違い。
昨夜はライブの臨時のウエイターをしてもらったが、その
才能にも脱帽。これからの忙しそうなライブは
お願いしたい。昨夜は常連のKさんにも御手伝い
いただいた。この方もテキパキしていて、「はい、
マスター、ビール3杯追加」など、手慣れたもの
でした。
IMG_0982.jpg
IMG_0983.jpg

PPM

この二日間、人形展の効果もあってCafeはおおにぎわい。
ケーキも追加注文しなければならない状態。その延長戦上に
本日のライヴ。昼間からぶっ通しで働いた。が、以外にタフで、
これから洋服を作ろうかと。

今日のライヴはピーター・ポール&マリーのカヴァバンド。
超満席で、とても二人ではまかなえない状態と思いしや、
強力な助っ人が二人現れ救われた。

ライヴは我々世代には懐かし曲ばかりで、お客様も昔に
もどって全員で合唱する場面も。写真右の男性は、泉区在住の
松田さんです。今回、大変お世話になりました。3人のハーモニーが
美しかった。感動。

最近、私と絹子を取り巻く人間関係がお店を通して少しずつ出来てきた。
無理のない自然発生的なもので、ようやくCafe de Daraを
はじめた目的の一つにすこし手が届くようになってきた。時が必要なことが
よくわかった。それとぶれないこと。「四面楚歌」は懐かしい言葉だ。

IMG_1355.jpg

明日から三日間は定休日で休み。庭仕事が待っている。この時期、この時期のバラは実に
美しい。ハーブティ用の花弁も集まりだした。このところ、ハーブティが大人気で、
いっきに在庫が減少した。珈琲は注文で手に入るが、ハーブは私が栽培したものに
限定しているので、冬場の在庫が心配。今、一番のお薦めはレモンバームのフレッシュ。
昨年は冬場でも生を提供できた。
DSC01547_convert_20101113225711.jpg

晩秋

いつもより1時間早く猫に起こされた。庭を散策するには
いい季節だ。ブルーベリーと山モミジの紅葉が美しい。
この時期のラズベリーは特別美味しい。一粒口にする。
いつの間にか、柿も消えた。秋薔薇はまだまだ楽しめる。が、
楽しむよりローズティを優先したいので、惜しげもなく
花弁をむしる。ミントティの消費も多いので
収穫。まだ間に合う。ミントも秋のほうが香りが強い。

冬が来る前に、庭の整備が忙しい。Cafeはできるだけ
一人でやるようにしている。介護は判で押したような仕事。
洋服は夜。来年1月には久我山で2度目の個展。このペースで
なんとか帳尻を合わせたいが。

今年もゆずがたくさんなった。
IMG_0979.jpg
ラズベリー
IMG_0980_20101112010020.jpg
珍しいキングの返り咲き。このキングは20年もの間、枯らさずにいる。
なんど引っ越ししたやら。それでも生命力の強いバラですね
IMG_0981.jpg

BMW

久しぶりにBMWを運転した。318だが。いや、購入したのでは
ない。代車でして。思わず飛びついた、、、なつかしい運転感覚でした。
30年くらい前に525の紺のBMWに乗っていた。当時はBMWはめずらしい
ことで、戸塚区(泉区の分区前)で3人しかいないとか。

そのBMWにはクリスマスイヴの夕方の苦い思い出がある。それは、仕事帰りに
近所の花屋で花を買っていたら、一人の老人が花屋の店先で酔っ払って
いた。花屋と私の家までの距離は50m。だが、その時、私はなぜか、その老人がかわいそうに
なり、家まで送ってやることにした。しかし、これがとんだ災難をひきずりこむことに
なった。
というのは、その老人が、途中から大トラに変身
して車中で暴れ出し、私はそれに気を取られてしまい、結果、大きな交通事故を起こして
しまったからである。よりにもよってクリスマスイブの夜に。しかし、唯一の救いは
日ごろ、会話のない二男がこの時ばかりは、私にに同情の言葉をかけてくれたことである。

そのBMWは5年間で10万キロ走り、家の前で煙を吐いて終わった。当時は、
八ヶ岳や箱根、伊豆によくドライヴに出かけたものだ。しかし、今、BMWを運転しても、
なつかしさだけはこみあげてくるが、特にまた購入したいとは思わない。
今は、ボルボのワゴンのほうがお似合いだ。もっとも、絹子はこの小さい
BMWが気に入ったようなので、そのうちクリスマスプレゼントにでも、、、とひそかに。
がんばりましょう。

前夜祭

明日から、人形展。今夜は作家を囲んでの
前夜祭。
細い糸が、、、いつしかこんなお付き合いに。
こら、千吉、、前を向かんかいな!
明日からの人形展に是非、、、
IMG_0978.jpg

完璧なライブ

「小谷恵子とすてきなナイト」と銘打った今夜のライブ。
説明不要の完璧なライブ。琴とギターの演奏は最高。満席。
ライブ後、関係者がカウンターに集まり、グラス片手に
盛りあがった。

個人的には、今夜の演奏の中で、「アランフェス」がよかった。
今夜は、鎮静剤を飲まないと眠れそうもない。

来年の一月には久しぶりの私の洋服の個展が東京で、、、、またまた眠れない。
DSC01538_convert_20101107010229.jpg

ローズティーとウエッジウッド

今一番お気に入りのハーブティーはローズティー。
もっか病みつきであり、お客様にも一押し。そのため
在庫が心配。
バラは、もちろん、自分で栽培したバラ。無農薬、無添加。
春に相当数の花びらを収穫し、乾燥に最適の納屋で
乾燥させたものを熱湯でもどすだけのもの。この
単純な行程のものが、実は市場にはない。

そのほか、レモングラス、ミント、カモミール、レモンバーム。
お客様の注文数は、珈琲にせまる。ランチセットで、三ヶ尻さんの
ケーキと一緒にが、おすすめです。牛筋カレーも好評でして、ほとんど
のかたが、単品ではなくセットで注文される。
店としては、一日8ペア(16人)のランチと御飲み物の徐連さん6人
程度が理想。

私は、ローズティーの時の器としては、ウエッジウッドを好む。
その中でも、ワイルドストロベリーが一番のお気に入り。
ワイルドストロベリーに関しては、バブル時に苦い思い出がある。
それは、当時はなんでも高いものがいいという風潮があり、自分も
その一人でした。ウエッジウッドの中では低価格のワイルドストロベリーは
セットでいくつか持っていたが、その価格ゆえに飽きてしまい、妹に
やってしまった。しかし、絹子と結婚した際、絹子がそのティーカップ
を持っていた。あらためて手に取ると、その絵のなんともいえぬ美しさに、
なんで、これを手放したのか、値段重視のいやな自分を思い出したしだい
です。猫には理解できない話でした。
IMG_0975.jpgIMG_0974.jpg


堆肥作り。

これだけ土地が広いと、草の量も半端ではない。
ゴミの日に出すのは不可能。そこで、草は畑や庭の片隅に
積み上げておくことになるが、かなり見苦しい。

しかし、堆肥としての価値は高い。土の改良のために
肥料を購入しても追いつかない。2年もするとかなり
良質の堆肥が出来上がっている。

そこで、なんとかその山積みの上のほうの見苦しい
部分を美観を損なわない場所に移動し、その下の
堆肥を畑にまいた。地味な仕事でしたが、畑の
景観がすっきりした。明日も、庭仕事。一日が
早い。

今年も後わずか。11月は毎週ライヴだ。妻にしかられた。
計画性がないと。そのとおりだ。

台風一過

台風一過でさわやかな秋晴れかと思いしや、、、
はっきりしない天気となり、夜には雨が、、、
しかし、この雨はなぜか、静かに心に
いい感じで浸み込む。

妻のピアノの練習曲「ベニスの舟歌」がこの
雨によく似合う。

洋服は今回のジーンズ系が注目されはじめた。
単なるジーンズへの化粧ではない。いったん、
ジーンズを丸裸ににして、そこから細工が
はじまる。裂き織と古布と刺繍がからむので、
真似はほとんど不可能。

刺繍は、スエーデンのHusqvarnaを
使う。糸はドイツのMadeiraのMetallic。
5個単位でないと買えない。発色がよく、宝石のような
輝きがある。
安定紙は使わない。かなり高度の刺繍ができるように
なった。これができるのは、日本では、個人では私ぐらいと
自負している。
IMG_1345.jpg


プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。