Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
5
6
8
9
13
14
16
19
21
22
24
25
27
28
29
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の空

IMG_1234.jpg
7年前は、この3本杉と黒い家との間のは何も植えられてなかった。
家全体がよく見えた。
IMG_1232.jpg
4年前は、ここは森でした。どんどん変わっていきます。あと20年したら、ここは荒れ地と化し、家は
お化け屋敷になるでしょう。20年か、長そうだね。

スポンサーサイト

出鼻をくじかれそうだ、、、

明日から、後半戦に突入。気を引き締めて、一気に
12月まで走ろうか、、、、と。
しかし、台風が急接近し、荒れ模様。すでに雨が降りはじめた、、、
これでは、せっかくのやる気に水をさされそうだ。

それにしても、8月は、草との格闘の日々だった。9月に
入れば、草の勢いも弱まる。一つ山は越した感じだが、夏休みの
大半は草刈りとは。ゆとりある人生とは言えないね。
まあ、がんばったおかげで、秋薔薇に望みをつなげた
のが救いだか。台風で草刈りも一休み。しばし、休戦ですよ。

日が短くなりつつ、、、、

今日は、おもいっきり草刈りをした。草刈り機の重量は
5kgくらいか。それを3時間くらい左右に振り回し続ける。
雇われの人の草刈りはゆったりしているが、私の場合は、
その2倍のスピードで刈る。1分でも早く終わりたいから。

その重労働にもかかわらず、身体の疲れはさほどない。
そう言えば、この歳になるまで、入院したり大病を
患ったことはない。親には不平不満だらけだが、
この点だけ大いに感謝している。

歳をとったら、健康と友だち(家族を含め)が一番大切。昨夜は、
いつもの仲間と飲み会。特に深いイイ話をするのでもなく、
ただ、お互いの元気を確認する程度だが、別れの時は、
男同士でハグしあい、またな、、、、最後まで生き残った
奴に墓参りを頼んだり、、、、。

それにしても、お盆を過ぎると、急に日が短くなる。
朝晩も涼しくなり、昨年よりすごしやすい。蝉の声
から虫の声へ、、、今年も余すところ4ヶ月。

人生は山あり谷あり、さらに深い谷ありで、不平不満をいったら、
キリがないが、健康で、少し足りない程度のお金があり、
毎日やることがあり、人間関係は苦手でも多少の友人はまだ残っていたりして
、うるさい妻にケツをたたかれながら、、そういうのを幸せというみたい、、、、、

この1週間、妻の身内でこの家は占領された。おれにしては80点の
対応が出来たと思う。おれの性格からしたら50点でも合格だが、
どうなっているのか自分でも不思議だ。
まあ、しばらくは、毎日酒が飲めるという健康以外はなんでもOKで行こう。

プリント柄、、

プリント柄は、よく探すとおもしろいものに
ぶちあたる。薄手の棉で扱いやすく着やすい。
値段も、一部の高級ブランドを除いてお手頃。

そこで、普段着にといくつか手掛けるうちに、
勢い余って、柿渋ジャム染めと組み合わせてみた。

結果は紳助流に言うならout.
柿渋ジャム染めは、その個性の強さから、組み合わせる
合い方もそれ相応の個性がないとバランスがとれない
ことが身にしみてよくわかった。

安易な思いつきはよくない。ひらめきとおもいつきは
全く違うといった人がいる。そうかもしれない。
おもいつきは駄作を生み、閃きは傑作を生む。

最近はどうも閃かないな。

蛙の子は蛙の子のDNA?

三郎さんの介護をしていて、つくづく思う。
その悪いところは全部いただいている、と。
そのDNAからは所詮にげられない、その結果として、
トラブルの多い人生になってしまったようだ。
妹二人はそのDNAをみじんも承継していない。
俺が全部背負ってしまった。不公平だぜ。
だから、妹とは顔はまったく似ていない。
3人並んでも、誰も兄妹だとは思わない。
おれは三郎さんとは顔もそっくりだし、、、

まあ、そう悔やんでもしかたない。
この歳になると、悪い結果は自己責任よりDNAのせいに
するのがよい、と思う。ある種のあきらめにもなるし。

せめてもの救いは、自分の子供がそのDNAを承継していない
ことだ。子育てに消極的だったのも、今となってはよかった。
積極的だと似てしまうから。

とはいえ、過去は過去で面白かったし。これからの残り少ない人生も
面白そうだし、、、DNAはDNA、、、そのもがきこそが、生きている証だ。

明日は絹子一族の襲来だ。一族とはもう5年の付き合いになる。共に修羅場も
くぐったし、おれにとっては、数少ない身内でもある。
夏休みのいい思い出をつくりたいね。がんばります。




秋の気配、、、

猛暑に備えていたところに、いきなり秋、、、、、
気持ちと体がそれについていかない。

庭は水を含み、みずみずしいが、、、
花としては、秋の入り口に咲く高砂百合(台湾帰化)とバラがちらほら
程度。店に飾る花が極端に少ないのが、絹子の悩みと腕の見せ所。
それにしても、身内を褒めて恐縮ですが、彼女の花の生け方は
華道家の作為がなく、自由奔放で草花の観察の仕方がユニークだ。

この涼しさのお陰で、秋冬物の制作がはかどった。テーマと
しては、柿渋ジャム染めと帯地の組み合わせで、江戸の粋を現代風に表現したい。
当然、地味系に傾く。柿渋ジャム染めとの付き合いは、実に長い。かれこれ7年
にもなる。腐れ縁みたいなものだ。扱いが難しいのでクレームの
対象になりやすい。それと高価なので、アパレルは逃げた。
別の素材との組み合わせで力を発揮する素材なので私向きだ。
この秋は、今までとは一味違う組み合わせで、世に問うつもりだ。

それにしても、高原にいるような涼しさだ。紫陽花がまだ残っている
のもおかしい。世の中はもっとおかしいが。
DSC01896_convert_20110823071755.jpg



あえて自分の考えと反対のことをする、、、、

自分の主義主張にこだわることにどれだけの意味がるのか、
人生を振り返るとそう思う。株や投資信託などは反対の
ことをやっていたら結構儲かっていたろうに。株屋の薦め、
銀行の口車に乗ると大変、、、。

そう思い、洋服も自分のやりたくないことをあえてやったら
どうなるだろうと、、、。古布は、もう使いたくないので、
このところ使っていない。根底には、やぼったさがある。
だから、避けている。

しかし、そのやぼったい、ダサいのが自分の唯一の取り柄でもあり、そもそも、
一流のデザイナーと比較したら、洗練されていないのは一目瞭然。
それを背伸びすれば、滑稽なだけ、、、

そこで自分を押さえて、再び古布に挑戦せんと。ただし、もう木綿のボロ
はご免だ。どうせなら、品良く気高く、絹を使おうと。薄絹は縫いにくいので、
厚め、、、そう高級な帯が最適だ。ターゲットはおばさん。今までは、若い人も
着れるように、、、なんてかっこつけていたが、、それも捨てよう。
これで、少しは解りやすい服になるだろうぜ。

絹か、、、そう、妻の名まえも絹子だった。運命を感じますよ。成功間違いなし!

暗いのは時代のせいか、歳のせいか、、

会う人会う人暗い話題ばかり。そういう私もその一人。
それは時代がそうだからなのか、そういう年代に入って
きたからなのか。どっちに転んでも暗いことには変わりなし。

それならいっそ、ここが鬱のパワースポットになればいいと
思う。鬱を吐き出すスポット。お月さまみたいだね。
月は人間の鬱の捨て所。月を見て嘆きため息をつく。
その繰り返しで月は鬱の球体と化し、月を見る人は
皆、憂鬱になる。妻みたいに、月に向かって吠える人は
めずらしいが。

鬱っぽい人、是非、Daraへ来て、カモミールティでも
飲みましょうよ。

17日からお店が始まる、、、

この四日間、ほとんど同じパターン。お店をやっている時より
忙しくがんばった。この暑さの中、草取りに精を
出し、洋服の仕事もはかどった。

明日(17日)から、また店が始まる。この暑さでは
忙しいはずもない。引き続き、草取りと洋服はがんばら
ないと。

最近、男物を創っていないので、やってみた。
帯と柿渋ジャム染めの組み合わせである。

110816_225811.jpg

サマータイム

連日の猛暑日。ビールの始まり時間が早まっている。
夕方5時までがまんしていたのが、いつのまにか4時に。
ビールのサマータイムだ。夕食は5時。病院なみだ。
夕食後そのまま仕事にとりかかっていたのが、いつのまにか
疲れと眠気でそれができなくなった。加齢のようだ。

お盆を過ぎると、どんどん日が短くなる。残暑が
終われば日本酒の季節。その辺でサマータイムも
終了だ。

ビールは店の樽生を飲んでいる。お代わりのたびに
いちいち店まで汲みにいくわずらわしさ。それでも
行く酒飲みの意地汚さよ。

それにしてもこの暑さよ。11月の個展の冬物は
まったくイメージが湧かない。この連休も毎日、
夏物ばかり作っていていたずらに時間だけが過ぎていく。
柿渋ジャム染めの生地が2反(20m)届いた。そろそろ
それに鋏を入れないといけない。

今夜は、ビールが回ってしまいダウン。夜中に目が覚める
悪いパターン。昔なら、勢いで朝まで仕事をしたのに、
また眠りに戻る勢いのの無さ、加齢だ。

物づくりであることの幸せ、、、

私の行きつけの美容院の経営者は、元巨人軍の
中畑清さんの妹だ。彼女は、30年くらい前、私が行っていた
美容院で働いていた。20年以上の空白を経て、最近、偶然、再会した。

当初は、私の変化にびっくりしていた。当時は、スリーピースの背広で
紺のBMWで乗り付けていた私。今は、自前のアロハに赤いスリッポン、
クリスティの赤い帽子。車はホンダのライフ。そりゃ、だれだって
この変わりようにはとまどうはずだ。当然、ヘアスタイルにも
大きな変化が。

どっちがいいかって、、よく聞かれるけど、間違いなく、今がいい。
それは、今は物づくりをしているからだ。これは何物にも替えられない。
お金でも、地位でも名誉でもない。無から有を作り出す快楽。これは
言葉で説明できない。
ちなみに、人生設計として、60歳までに、司法書士から足を洗うことは
かなり前から決めていた。それを実行したまでだ。

今後はどうやって作家の寿命を延ばすかが重要な課題だ。努力とか
根性とかそういうレベルではない。いかに遊びに徹しれるか。
明日からまた4連休。遊ぶぞ!!!新盆の供養も忘れんなよ!

110812_224323.jpg

ついにミシンが、、、壊れた、、、

1999年に購入した直線縫いのミシンがついに壊れた。
モーターの寿命が尽きたのだ。モーターを交換すれば
再生するが。

それにしてもこの12年間、酷使したものだ。直線縫いは
同時期にもう一台購入しているので、おっつけそれも
同じ道をたどるだろう。いったいこの2台で何着縫った
のだろう。3000枚を越してから数えるのを止めた。4000枚には
届いていないと思うが。

普通、この程度の枚数でモーターが壊れることはない。
酷使の一語に尽きる。まあ、自分にとっては勲章の
ようなものだ。

さっそくモーターは交換するが、今度は私の方の
寿命が先にくることは間違いない。それが覆るとしたら、
、、いや、それはない。三郎さんなら、ありえるが。
明日、ショートステイからご帰還される。先日の健康
診断では、特に異常なし。うれしいやら、、、○○やら、、。
彼の寿命なら、新しいモーターと競えそうだ。
110811_233305.jpg

夏のバラ、、

この暑さの中、かわいそうなバラ達よ。
虫に食われて丸坊主にされたり、黒点病に
とりつかれたり、、、、それでもけなげに
咲く夏のバラには、春や秋とは違う雰囲気が
ある。花瓶に活けても花もちは悪い。

まるで、不治の病でベッドに横たわる女優の
ような切ない美しさがそこにある。

しかし、この猛暑の中、エネルギッシュに
成長するバラもある。成長の早いある種の
つる薔薇だ。こまめにつるを誘因すれば、
あつというまに3m~5m。あやかりたいね、
このエネルギーに。加齢とは正反対の側に
存在するものは貴重だ。何かにつけ、加齢
だ、、、、よくないね。カレイ、、、、ヒラメ
、、タイ、、、竜宮城ならいいけどね。
110808_115547.jpg

時代の味、、、、

最近のTVのIT関係のコマーシャルを見ると、
何語か意味不明で理解できないものが多い。
世の中から置き去りにされつつあるようで、一種の淋しさを感じる。

絹子もおれも、ミシン以外は手作業中心。ミシンも
ITとは無縁のアナログのミシン。やっていることは
ほとんど江戸時代。isara織機などはかなり原始的で
人類が最初に考案した織機に近い。それでも実用新案
特許は取得できた。

日常生活は、というと、猫と自然があるだけ。
まあ、江戸時代の鎖国のようなもので、Daraは長崎の出島的な役割。
そこに来るお客様はオランダ人に似ている。

先日のスターネットで、1950年ころ上海で
織られたという布が、面白い古さをだしていたので購入した。
さっそくベストに。ザックリとした織りであるが、時の経過で
かなり日焼けしていた。それも味さ。
110809_220546.jpg

益子今昔、、、

水戸方面へ出かけたので、ちょっと益子へ寄り道。
益子へは、新しい高速もでき以前より近くなった
十数年前は、陶芸家を探しによくここへ来た。
「もえぎ」という店は、陶器の卸もやっていて
若手作家の発掘が上手だった。最近は、どんな作家の
作品が陳列されているかわくわくしながら店内を物色したが、
最近の傾向か、色彩的にも形的にも穏やかな
没個性的なのが多く、特に目を引くものは
なかった。陶芸も氷河期のようだ。

益子へ行ったのには、もう一つ理由があった。
それは「スターネット」というお店のその後を
見てみたかったからだ。この店は、雑誌にも
よく登場する、ギャラリーを備えたカフェレストランで、
確か、経営者夫妻がともにデザイン関係のお仕事をされていて、
それもかなり有名な方で、、、、すこしばかりDaraと重ねる
人もいたりして、、、、
私が昔ここを訪ねたときは、奥様がお店にでていて、お店の
雰囲気も、青山か広尾が突然出現したような感じだった。

今回、ここはさらに大きくなっていて、従業員も大勢いた。
ギャラリーは器中心で、趣味のいいものばかり。ここのほかに、似たような
支店を数店舗もっているらしい。とてもDaraとは比較できない、、が、
、、、、、、何か、、何かエネルギーが
昔ほで出ていない気がした。
はじめて見る絹子は、「似たような店はいくらでも
ありそうだ」と切り捨てた。

スターネットの経営者は、東京在住(?)でありながら、15年(?)も益子で
店を経営するなんて、それだけでもすごいと思うが、


ともあれ、ドライブしながら、スターネットとDara
の違いを絹子と話合えたのは、ここに来た甲斐があった。
とにかく、Daraは絹子と私の匂いがぷんぷんする店、、、
それでいいし、そでなければ、
、、。
写真は、スターネットのドアの前。
110806_135939.jpg


ちょっと一休み、、、

このところ根を詰めたので、この辺でちょっと一休み。
普段は使用しない手芸店の生地で遊んでみた。
これが以外と面白いのには驚き。古いジーンズ
との組み合わせである。いつもの自分の作風ではない。
力が抜けていて、ファッションという気がする。
いつものは、、、アートのようでその分、重いかも。
110804_224131.jpg

この時期は店は暇だろうとあきらめていたが、意外にこの二日間は
忙しかった。明日は営業するが、土曜日はお休みします。(土~火お休み)
皆さま、よい夏休みをお過ごしください。



、、、脱帽です、、、

水曜日はケーキ担当の三ヶ尻さんが来る日。
暇な時間帯を選び、モデルでもある彼女の協力をあおいで、
私の洋服をきていただき、ファッションショーの
まねごとなどして楽しく遊びました。
いつもと違うDaraでした。

常連のFさんにも御協力をいただきました。
あまりにいい写真でしたので、掲載させていただきます。
御容赦を。裂き織のジャケット&ミニスカート。
Fさんのは、ジージャンにミシン刺繍。
撮影場所は、Daraの階段を下りたところです。
コンクリートが優しい背景を作っています。

ちなみに、
Fさんの帽子の黒いテープは彼自身の作で、古いシルクのネクタイ
だそうです。さすが、、、、やりますね、、、私も脱帽です。

ゆったりと時が流れるいい空間、今日もそんな空間を味わって
もらえたようです。92歳のおばあちゃんが「ここの景色を
冥土の土産に、、、」なんておっしゃられたいましたが、
元気そうなかたなので、100歳までは、、、、。


DSC01864_convert_20110803165618.jpg

まずまずの休日、、、

この三日間の休日は、庭仕事を控えめにし、
本来の仕事に集中できた。
8月は、プライヴェートな仕事が多いので、やれるうちに
少しでもやっておきたい。

今週末は、久しぶりに出かけたいので、三郎さんを
ショートステイに行かせたい。しかし、だだをこねそうなので
どうなることやら。
介護で一番疲れることは、それだけは守ってほしいことを
拒否されることかも。日常の世話はなんとかなるのが。

ヤマユリが咲いた。アートだ。来年も咲くとうれしいが、
結構、場所を選ぶので難しい。

110802_103256.jpg

花、花、花、、、、、、、

昨夜の置き土産が生花いっぱいの花束2つ。絹子、喜ぶ。
絹子は、そのたくさんのお花を小分けして、家中に飾る。
いつもなら、家中の掃除だけの日曜日。お花が絹子を
うきうきさせている。おれも花は大好きだが、この辺は
女と違うようだ。なあ、千吉。
110731_103325.jpg
夕方からちびりちびり酒を深夜まで。いい気分で仕事もかどる。いい一日。明日も
こうありたい。


プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。