Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

isara織

今年で12年目を迎えるisara織。12年前のちょうど今頃、
織物がやりたくなり、自分(素人)向けの織機を考案し、
それでマフラーを織ったのがきっかけ、、、、。まさか
それが今日まで続き、おまけに作家になっているとは。

洋服のデザイナーとしては、古布からはじまり、柿渋
ジャム染めを経て、今、織物そして少しのミシン刺繍に
行きついた感がある。

織は前世がそうであったかのように、独学で問題がなかったが、
その縫製は壁が厚かった。私の織は目が粗いのを特徴とし、
ために柔らかい風合いを持つ長所がある半面、縫製はほつれやすい
という短所を合わせもっつていた。その短所を考えると、
早い時期にブレイクしなくてよかったと思う。

最近は、その短所を克服できたようで、今年、「isara織」の
タイトルで個展が開けるのはうれしいかぎりである。

今年は、1月17日からのギャラリー藍(東京久我山)03-3247-1730のほか
秋にも個展があるので、忙しい一年になりそうだ。
Cafe de Daraでのはじめての個展も考えているので
これを機会に下降ぎみだった作家業を盛り返えせればと。
IMG_1047.jpg


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。