Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続き

桜の木と自分たちを同一視するのは少し単純かもしれない。
が、同じと思って考えると、類似点が多いのにおどろく。

桜もわれわれも、昨年はエネルギーを使い過ぎた。それが
たたった様だ。桜は急成長した幹を支えられず、自己保存
本能で一部の大事な枝を枯らした。われわれは、失われたエネルギーを
充電しなければならないのに、放電し続けた。その意味で、
「桜いっぽん祭」は、われわれのエネルギー不足の中で、強行
された感を否めない。

今、その枯れ枝がすべて切られた桜は、すでに峠を越したのか、
まだこれからなのか。結論を出すのに数年を要するだろう。

われわれはというと。足元を見て、やるべきことをひとつづつ
ていねいにやるしかない。二人が一緒になって、1+1=2プラスアルファ
でなければならないというプレッシャー、また、これで飯を食べていかねばならないという不安。こういったものがもろもろの判断を狂わせて
いたかもしれない。

なにやら、すっきりしないでいた矢先、銀座松坂屋からイヴェントの誘い。
捨てる神あれば、拾う神あり。
気持ちよくお受けした。時期は8月後半。

DSC02198.jpg

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。