Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャイアント馬場の十六文キック

洋服を作り続けて何年だろう。7年か8年だと思う。
その間、同じ物は二つと作っていない。いや作る能力が
ないというか作りたくもない。
パターンは使わないが、頭の中にあるパターンはたったの
一つ。それ一つでこれまで戦ってきた。2千枚以上縫ったはず。
在庫は200程度。とするとそれ以外はだれかが着ているのだ。
恐ろしい(笑)。

ここまで来れば、マンネリで勝負するしかない。よく言えば
定番だ。よくも飽きずにとか,こりずにといわれても、ただ耐える。
それがいつしか評価されてしまう。そうなれば楽であるはず。
生き抜くためにはそれしかない。

そうなれば、毎年新しい作品を必死になってつくらなくてもすむ。
新作はいつも評価されるとはかぎらない。むしろ尻つぼみ。

ジャイアント馬場は歳をとっても十六文キックで相手をノック
アウトしていた。だれが見ても不自然だが、納得してしまうすごさ
があった。定番とはあれです。あれが定番の鏡です。

私も、馬場さんのようなマンネリでもだまされてしまうような定番
を作り上げたい。今、その原型が見えてきた。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。