Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後づけの人生

パターン無しで縫製します、というと、人は皆、
スゴイ!という。
しかし、実際はスゴクない。

縫製をはじめた最初から、パターンを使わなかった。
理由は、そのほうがおもしろい個性が出るのではないか、
なれればどってことないだろう、という程度のこと。

しかし、それはいろんな波紋をなげかけた。おそらく
本人の想像を超えていた。

パターンのパの字も知らない、縫製の「ほ」の字も
知らない。「ど素人」はこわい。折りしも手作り作家
が花盛りのころ。間違ってデザイナーデビューをしてしまった。

そんな素人でも今日まで生きながらえたのは、素材に関しての
感性に負うところが大きいからだろう。

後づけの人生。今日までに3000枚以上の服をパターン無しで作った。
在庫は200枚程度。そこまで縫っても、今だ理想的なパターンは完成でき
ない。が、いつのまにやら、パターンの「パ」の字と縫製の「ほ」
の字くらいはわかってきた。普通なら、これでデビューというところ
を、すでにデビューから5年近い期間が経過している。この5年でやっと
つじつまが合ってきた。言わば、後づけの人生である。

一番苦労したのは、袖山の高さと身ごろのわきの下へのカーブ。
ここにきて、この問題をすこし理解できたのはうれしいかぎりです。
それによって理想的なパターンを30cmの物差し1本で布に直接
記録することができる。これは立体裁断とは異なる。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。