Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉

「始めに言葉あり」など、人間にとって言葉ほど
やっかいなものはない。言葉がなければ、意思の疎通
はできないし、自分自身、思考することさえできない。

言葉は脳を支配しているとも言える。一つの言葉で
切れたり、一つの言葉に感動したり、まったくやっかい
なしろものである。その言葉が、地球上にはいくつある
ことか。この狭い日本でさえ。人を理解するということ
はその人の使う言葉を理解することなのかもしれない。

妻が、故郷の友人からの電話で話す○○弁を傍らで
聞いていて、そう思った。広い意味で、妻は関西
弁。関西弁には東西の確執が隠されているようにも思える。
阪神タイガースの異常なまでの巨人意識。巨人ファンが巨人
以外はすべて同列と見るのと大きく異なる。
大阪は東京に大きな対抗意識を持ち、京都は公家文化を背景に
文化的に東京の上を意識し、金沢は京都と同一であろうとし、
小松は金沢を意識する。

言語は、その地域の歴史的産物である。私の住む横浜は歴史といえば、
明治維新からである。私の使う横浜弁とは何なのだろう?
不思議な言語じゃん!
スポンサーサイト


Comments

100の言葉を知る人は100の思考をし、200の言葉を知る人は200の思考をする。

確かに何かを考える時、結局自分の知る言葉以上の事を考えることは出来ないのかもしれない。
それでも、その言葉では表現できない部分に芸術が存在するのでしょうか、、、、。

Leave a Comment


Body

プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。