Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須田剋太という画家

以前から気になっていた画家である。古い「銀河」という雑誌を
見ていたら、その特集に出会った。確か、黒澤映画の絵コンテ
を描いていた画家で、もう亡くなられているだろう。

とにかく「阿修羅地獄」という言葉がぴったりの人で、すごい
エネルギーの持ち主だ。曰く、「下手は下手に徹すれば、上手
と一体化できる」と。大事なのは徹すること、だそうだ。

それができるかできないかが、非凡平凡の分れだろう。おっと、
平凡も徹すれば非凡となる、、。なるほど。

何をいいたいかというと、この大恐慌でわれわれ作家も最後の
淘汰の網にかけられている。今度はどうも私もその網からこぼれ
落ちそうだ。そこで踏みとどまるには、彼の言葉にヒントがありそう
で。すなわち、何かに徹することだろう。

その何かとは、理想の何かではなく、自分の本質そのものである。
それが何かがわからいと話しにならないが、たぶん、ありのまま、
というこだろう。

その辺、絹子は最後まで踏みとどまれる「徹する」ものを持っている。
おれは、不安だ。だめなら作家を廃業する。生き残る最後のあがき
をしてみるか。徹する、徹する、、、ね。たぶん、古布に徹すること
だろう、モダンとかの雑念を捨てること、その辺だ。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。