Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軌跡

俺が洋服を作り始めたのが2000年ころ。約10年前のことだ。
自分が今でも着ているそのころのものが1枚だけ残って
いる。今回、それを全面的にリニューアルしたくなり、
分解してみた。当時の手法がよくわかる。非常に
理にかなっている。小田原で爆発的に売れた理由が
よくわかる。

その一つは、肩幅をおもいきり広くし、かなり太った人にも
対応できるようなデザインになっていること。
もうひとつは。常識を無視し、ひたすら自分の感性を信じて
つき進んだこと。耳が痛いわ。

素材的にも当時は恵まれていた。経済力もあったので、それらを
自由に買えた。今はその両方がない。素材的に、底をついたという
意味で古布の時代は終わった。再生産できないものだからどうしようもない。

古布創作服作家の肩書もそろそろ降ろさねば。ただ、おれにとって
古布は素材のひとつにすぎないので、
それ以外の素材を使うことにはまったく抵抗がない。そういう意味で、
新境地を開いてみたいと思う。

それにしてもこの10年はいろいろあった。洋服のデザイナーとしても、
いろんなことをした。一番の思い出は、原宿のとあるホールで日本
デザイナークラブ主催のファッションショーに参加したことだ。 それには
コシノヒロコさんなども参加していた。その中で、十分戦えたと自負している。
ショーが終わった後、嬉しくて泣いた。泣けた。短期間によくここまできたと。

「世界」をぐっと引きよせたような気がした。しかし、それからが、、、。
しかし、まだあきらめたわけではない。チャンスを待つ。古布というおれの
最大の武器がなくなりつつある、それでも、、、、夢は見続けたい。

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。