Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミミズの雨

草とりをしていると、何匹かのミミズが鎌の犠牲になる。
犠牲になったミミズに蟻がむらがる。土を耕し、
蟻さんの役にも立つミミズ。

ミミズは神の使いだからむやみに殺すな、とか、
ミミズにおしっこをかけるとペニスが曲がるとか、、。

小さいころ、糸ミミズを釣り針にひっかけて友人と近くの
小川で釣りをした。  あるとき
ウナギをつるためにミミズを釣針にかけて、今のCafe de Daraの
北側のいさら川に、一晩放っておいた。翌朝、見に行くと
大きなウナギがかかっていた。残念なことに、母には
それをさばく腕がなかった。蒲焼にはならなかった。

Daraの庭にはやたらとミミズが多い。土が肥えているから
なのか、ミミズが多いから土が肥えるのか、よくわからない。
ミミズは死ぬと天に昇る。草取りをしているとたくさんのミミズが
天に昇るのが見える。それと同じ数だけのミミズが天から
降ってくる。ミミズは神の使いというより神そのものだ。
多くのミミズを手にかけたおれはとうてい天国には行けない。

生前の幾多の悪行、ミミズ殺し、いわゆる「許されざる者」とは
おれのことよ。でも、おれは「Daraの庭」を守るため、ミミズ殺しは
続ける。たとえ、地獄に堕ちても。

最近、Daraの庭を使った撮影の申し込みもいくつかある。1時間
2000円は安いという。がんばろう、この草取りもいつかは報われるのだ。
ミミズさんごめんなさい。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。