Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物差し

物差しが一定していないと、ぶれる。司法書士の時は、物差しが
はっきりしていたので、ぶれることはほとんどなかった。それが
つまらなかった。

デザイナーはある意味で、物差しなど持たないほうがいい。
もつとしたら、面白い物差しだ。

ところが、このCafe de Dara周辺は今までとは勝手が違う。物差し
が必要なのだが、その物差しが見つからない。当然と言えば当然だが。
物差しとは、たぶんどういう結果を望むかということの周辺にありそう
なのだが。その結果の中に経済がどう位置づけられるか?その辺も
ありそう。

デザイナーは、どちらかというと、作りたい作品を作り、結果的に
それが売れる。経済は後からついてくる。
司法書士は、その資格=仕事の依頼=収入。単純だ。一つの仕事の依頼
の収入はコーヒー1杯分とは違う。コーヒー200杯分くらいはある。

司法書士もオンラインの時代。おれはついていけないから、「、、、もしもやっていたら」は
ない。デザイナーもこの不況のあおりを皆くらっている。

だから毎日、賽ノ河原のような庭仕事をしている。楽しい半面、不安もある。体力的
にいつまでできるかなど。

司法書士の物差しに文字を書き込むなら、「真面目」。デザイナーなら
「感性」   Cafeは「徐々」か。一番苦手だね。

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。