Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JASRAC(日本音楽著作権協会)その後、、

JASRACから電話があり、年間契約をしろ、と。
正体が今一つつかみにくい団体で、ある人は
「やくざの地回り」的とも。ようは他人の音楽を
公衆の面前で使用するものは何がしかの金を
JASRAC様に納めろ、と。それも年間の見込み額で
先払いでと。その金額もかなりの多額。

無視すると、弁護士をたて、ふんだくる、それも
過去にさかのぼり、その金額に損害賠償額を
上積みするらしい。それで払えず破産する人も
いるとか。

おれは音楽の世界は素人で、そのJASRAC様と
戦うすべもしらない。そこで出した結論は、「ライヴは
やらない」そう言ったら、「それなら、音楽著作権の
問題は発生しない」と。「が、過去数回のライヴについては、
曲目と作曲家の目録を提出しろ、それに関しては請求
するから。」と。まあ、厳しいお方で。こういう人(団体)を
相手に商売はできない、と実感。

今後、ライブをやるとしたら、そのお方(団体)と一切関係ない
方法、たとえば、主催はあくまで演奏者で、こちらはホールを
お貸ししているだけ、とかの方法しかなさそうだ。いずれにしても
せっかく盛り上がりはじめた音楽活動に冷や水をかけられ
、いかんともせん。

ローラ浅田との出会いで、ライヴハウスの経営というのが、天命
と思っていたが、そうではないようだ。私は、すべての流れを
天命と思い込む節がある。それで数多くの失敗をしてきている。
こういうのを、「馬鹿は死ななきゃなおらない」という。

黒い家が返還されたとき、この環境を私物化してはいけない、
人の役に立つように利用するのが天命、と。ライヴもその一つと考え、グランド
ピアノまで購入した。
だが、それは思いすごしのようだった。。すると残ったのは何だ。それが
天命だ。

秋野菜の種を播いた。ミニ耕運機が活躍した。早く収穫して、日本酒で鍋。
IMG_0550_convert_20090904003953.jpg
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。