Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野獣死すべし。

山奥に入ってしまったような毎日。ときおり聞こえるのは
小鳥声だけ。
ゆっくりと昨年を総括し、いつものように守れそうもない今年の計。

それでも、「今年は、今年はと」、、、あれこれ思索。そこで
出てきたのが、「isara織」。今年でたしか11年目。実用新案
特許までとったのであるが、さほどひろまらなかったし、
当の本人も古布創作服のほうへ力が入り、そっちのほうは
手薄になっていた。

ただ、石川県の某市が昨年1年間この講習会を開き、火がかすかに
残っている。

私も、この辺で古布創作服作家の肩書を下ろしたい。面白い古布は
地上から消え、残ったのは私の拙い縫製とジャム染めだけ。もう
その野獣のような時代は終わった。野獣死すべしか。

織物は私の創作活動の出発点でもあり、振り出しに戻ることになる。
元旦から織機に向かい、今後の作風を模索してみた。「水色」が
一つのカラーとして浮かんだ。柿渋の布から水色の糸へ、、、
古布の時代を経たエネルギーの面白さから糸の明るい色の清潔感へ。
裂織は眼中にない。あくまで糸が中心で、それも洋服。

そんな転換を一年の計にしてみた。できれば、この秋に「isara織の
イヴェント」を11年の総括として企画したい。かっての生徒が参加
してくれればうれしいが、ブランクもありどうなるか。

大部分の洋服の在庫はおもいきって捨てた。一からの出直しとなるが、
さて、どこまで、IMG_0681_20100104120410.jpg

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。