Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DARA一周年。三橋さん、ありがとう。

この13日で満一周年を迎える。振り返り、まず浮かぶのは、来店者ゼロ
の光景だ。最近ではそういうことはないので、懐かしい思い出になればいい。

人間的な面で未熟さがばかりが目立った。司法書士時代と比べ、異質な人間関係
に正直とまどった。武士の商法にも似て。

そうはいっても、それほどぶれないで一年を過ごすことができた。「作家夫婦が
片手間に営む店」というのを貫いたつもりだ。自分たちの好きなようにやる、と
いう意味で。

開店初日のパーティーで、友人のMが「一年たったら、友達しか来ない店に
ならないように」と忠告してくれたことを思い出す。

この一年間で、Cafeのお客さんに関しては、いわゆる嫌な客、というのには
ひとりもぶつからなかった。このところ、来店者数が増えているが、おとなしい品のいい人
ばかりで、店の雰囲気はいい。

いろいろもめた、音楽家周辺に関しても、Daraのスタイルがかなり確立してきた。
そのせいか、最近は、スムースに行っている。

その問題の根底は、その音楽家の人となりをも含めて、結局は、自分たちが「好きか
嫌いか」というだけのことである。それは、昨夜の「IKUO三橋 LIVE]を
聴いて、あらためてそう思った。そうとうの音量ではあったが、聞き入ってしまった。
自作(作詞)の歌を、しっとりと歌い上げる三橋さんは、すべての観客の魂を揺さぶった。
「好きか嫌いか」は究極では、魂論に行きつくだろう。ファッションも決まっていた。
真っ赤な服に真っ赤なショール。黒い帽子。おしゃれなメガネ。パリ野郎だ。

リーダーの三橋さん以外はすべて一流のプロ。皆さん、腰が低いし、礼儀正しい。
これが一流なんだと実感。
このすてきなライブを1周年のお祝いにさせていただきます。
三橋さんありがとう。

これからも、DARAは、作家が片手間に営む店、というのを貫き、けっして、お客に
媚びないで、でも、仲良くやれたら、いいと、思います。友人的な人しかこない、でもいつも満席。
これがDARAの理想です。

作家活動も、このところ、忙しい。絹子の教室は20人を超えてきたが、まだ応募者が
後を絶たない。人形の注文も日増しに。。。

私のほうも、もうひとクラス作ろうかと。刺繍も商品化のめどが立ち、新たな展開
を迎えそう。問題は、草取りだ。IMG_0787.jpg

スポンサーサイト


Comments

Re: タイトルなし
jinboさん。
歌のことはよくわからないが、
少なくとも、人間的な面で、
印象づけられましたね。

7月はぶれない中にも、何か新しい
挑戦を聴きたいね。このDARA
のエネルギーと融合するような。
   いさら
素敵な歌は歌えないですが
心に残らなくてもいい
少しでも引っかかる歌をうたいたいです。

7月はよろしくお願いします。

Leave a Comment


Body

プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。