Humanoidoのつぶやき

人間を辞めると人間が見えてくる

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


新作、、、

当分の間、というか、もうないというか、洋服の大きな個展に
一応の区切りがついた。後は、楽しくマイペースで洋服作り。
遠ざかると、腕が落ちるので、一枚作った。

裂き織と毛糸織のミックスに、柿渋染のテキスタイルを融合させています。
大きさはMrsの11号程度。ジャケットです。
CIMG0657.jpg

先が短いというのに、、、

何事も中途半端はよくない、、、、が信条の私なので、おもいっきり、、、
薔薇の苗を30本追加購入した。前もって穴だけは掘っておいたが、
いざ植え付けるとなると、半日かかった。

以前なら、気負いがあるのだが、今回は、気負ってはいない。以前なら、
どうだ、すごいだろう!!だが、今回はそういう気にはなれない。ただ、
薔薇が好きで、、、、、この広い空間をその薔薇で飾るとしたら、
どんなふうに、、、、と毎晩、ベッドの中で2時間考えをめぐらした
結果、、、、おもいきり、本数を増やしてみた。これで、250本くらいか。
本数は自慢したくない。最終的には、1本の薔薇に戻る日もくるだろう。
それが理想の姿だと思う。

私の薔薇はそのほとんどが、イングリッシュ・ローズ。花の形が好きです。ハイブリット(
花屋の薔薇)は栽培等自分には不向きなので、めちゃ好きな数本以外は手を出さない。

オベリスクという、薔薇をからませる塔があるが、それをお隣との境界に22本立てた。
このオベリスク全部につる薔薇をからませたい。、
「癒されますか、、、幸せな気分になりましたか、、、」を目指して、、。

庭作りは、長い年月がかかる。それなのに、大風呂敷を広げ、この先どうなるんだろう?
と、不安になることもある。が、まあ、鬼さん、先のことは、、。

店の定休日の来客、、、

今日から、3ヶ間お休み。定休日です。同じ定休日でも、土日休みとか、
月火休みなどは覚え安いが、日月火は覚えにくい。そんなわけで、
知らずに、お休みの日に来られる人が多い。

そんな時は、丁重にその旨をお伝えしたり、見覚えのある人だと、
コーヒーでよろしければ、、、と臨時開業。とはいえ、お客様に
つきっきりではなく、コーヒーを出したら、庭仕事に戻る。

ほんとは、年中無休で、このスタイルでやる手もあるのだが、なんか、
中途半端な気がして、週3日の定休日制にしている。「随分、優雅だね、」
とか、「片手間でしょう」とか、言われるが、庭の管理のためには、これでも
足りない。

それでは、人を雇ったら、、、、との進言もあるが、店も庭も自分たちの
色で染めたいとの二人の強い願望がるので、それは、今のところ考えていない。

いろいろ迷いもしたが、2年半もやると、自然に道が出来てくる。その道は、
自分たちが最初に描いたものに近い。開店日に親友に忠告された、「この店は
1年たったら、友達っぽいのが少しだけ集まる店になるだろう」。的を得た忠告
だけど、今は、その友達っぽい人がどんどん増えている。

悪い癖でして、、、

私は、物に熱中しやすい。熱中すると、その世界でひとかどの人物に
なることを夢見る。そして、それなりの努力はするのだが、、、、
それがいいことなのか悪いことなのか、、、、、、歳をとると、
その辺がむずかしい、、、、

自転車に熱中したのが、40代、、、、すぐにレース志向になり、
かなり練習した。はじめてまもなくあるマウンテンバイクのシニアクラス
で優秀した。限界を感じ、40代後半に終わりにした。その時のチームから、
来年のロンドンオリンピック代表の別府史之君が出た。

50代は、洋服のデザインナーに集中した。これもある程度の成果を得たが、
メジャーには届かない。

30代、40代、50代を通して、自分の経済を支えた司法書士は、不向きながら、
引退まで、無事勤めあげ、息子にバトンを渡すことができた。

いま、Cafeがらみでバラに注目が集まっている。が、これとて、素人。
バラの専門家は星の数ほどいるし、ロザリアン(バラの超達人とでも)から
みれば、ゴミみたいなもの。

とはいうものの、いざ、その道を歩むとなれば、闘争心に火が付くのが、私の
悪い癖。なんとか、勝てそうな土俵を見つけ、そこを徹底的に攻める。さて、
そのバラの土俵で勝てそうな部分とは何か、、、、これから、じっくり探すと
しよう。とはいうものの、来年は、いきなり勝負の年になりそうだ。
この年末年始も、落ち着かない。霜で凍った土を掘り起こしたり、、、大雪以外は
土いじり、、、、園芸家12ヶ月、、、
写真は、この寒さで咲けないバラのつぼみの花束。

CIMG0605.jpg


シャンソンの会

一年間、このDaraで練習した生徒さんの発表会+先生の美和さんのライブ。寒風を
吹き飛ばす熱唱でした。美和さんのおっしゃるとおり、日ごろ、陰にまわる主婦が、
この日ばかりは、ヒロインの気分を味わい喝さいを浴びていました。こころ温まる
ひと時でした。また来年、新しい曲にチャンレンジして、、、、、しかし、さすがは
先生、、、、でした。

CIMG0565.jpg

DSC02713_convert_20111208185408.jpg


プロフィール

薔薇男爵

Author:薔薇男爵
横浜市泉区在住、男性
妻と猫2匹

最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索